イタチの捕獲で環境は改善する|糞害から身を守ろう

問題の解決法

内観

見た目は愛くるしいイタチですが、凶暴な性格のためペットや家畜などを傷つけてしまいます。また、騒音や排泄物といった沢山のトラブルを招いてしまう原因にもなってしまいます。捕獲をすることで問題を最小限に抑えられるでしょう。

詳しくはこちら

相談が優先

担当者

害獣ともされているイタチは都心部にも沢山の姿を表しており、人々は怖い思いをしています。簡単に捕獲しようとすると、逆に怪我をするため業者に依頼をするのが賢明なのです。

詳しくはこちら

清潔感が重要

一軒家

ゲージや忌避材などを上手く活用することで、イタチの捕獲や追い出しに成功します。どちらの方法が良いかは自分たちで決めることが可能です。捕獲をしたあとは清掃と消毒で綺麗にしましょう。

詳しくはこちら

生態を知ろう

イタチ

イタチを捕獲する前に、どのような生態なのか知っておきましょう。まず、イタチは日本全国に数多くおり、主な繁殖は平野部でされていると言われていました。しかし、近年は都会にも姿を表すようになっています。都会は餌が豊富ですし、沢山の住宅があるため住処も作りやすいからです。住処があれば天敵から身を守れますし、シーズン関係なくイタチにとって良い環境の中で生活が出来るのです。天井裏や壁は断熱材が使用されており保温性があります。ですから、冬場でも暮らせるのでしょう。

様々な種類がいますがその中でも主に、ニホンイタチやチョウセンイタチが人家へ被害をもたらします。ニホンイタチは茶褐色や暗褐色でオスだと体長は約30cm以上あり、メスは20cm以上です。チョウセンイタチは黄褐色でオスの体長は28cm以上、メスは25cm以上です。ニホンイタチやチョウセンイタチはそれ以上に大きいサイズもいるため、安易に手を出すのは辞めましょう。
ニホンイタチの繁殖期は春です。九州などの暖かい地域では1年間に2回以上も繁殖をすることもあるのです。繁殖を繰り返すことで個体数が増えてしまい、人家は余計に荒らされてしまうでしょう。排泄物の数も増えてしまい不衛生な環境が倍増してしまいます。チョウセンイタチは対馬にのみ繁殖していると言われています。一度の繁殖で12匹も生まれることがあるのです。
このようにどんどん繁殖してしまい怖いイタチは捕獲をして、繁殖を食い止めなければいけません。