イタチの捕獲で環境は改善する|糞害から身を守ろう

清潔感が重要

一軒家

捕獲方法は様々ですが、主に金属製の罠を利用するでしょう。その中にはイタチの餌となるものを入れておきます。それを設置して時間を見計らったところで回収をするのです。捕まっていなければそのまま置くこともありますが、場所をあえて移動することもあります。もしも、イタチが捕獲出来ていた場合はそれで終わりではなく、再度同じ場所に罠を仕掛けます。そのようなことをすることで、出来る限り沢山のイタチを捕まえることが可能なのです。
このゲージ設置は捕獲を目的として行ないます。追い出す場合は忌避材を利用します。散布することでイタチが巣から逃げ出していくのです。しかし、自宅に薬剤アレルギーを持っている方がいる場合は安易に利用することが出来ないため、捕獲ゲージの方が最適です。

イタチを捕獲してもらったあとは排泄物や死骸の清掃を行なわなければいけません。排泄物は人体にとって非常に有害です。このままの状態にしておくと次は、ネズミやハエ、ウジ虫などが繁殖してしまいます。悪影響が連鎖してしまうのです。ですから、清掃は速やかにしてもらうべきです。排泄物は不衛生にするだけでなく、再度イタチを呼び戻してしまう要因にもなってしまいます。縄張り意識があるためそのままにしていると、臭いで再度戻ってきてしまうのです。
清掃をしたあとは消毒をします。消毒をすると寄生虫や雑菌などの除去が出来るからです。もしも、天井や壁などの断熱材が破られている、シミが出来ているなどの被害がある場合は、補修も行ないます。各専門業者に依頼をすることで改善するでしょう。