イタチの捕獲で環境は改善する|糞害から身を守ろう

問題の解決法

内観

目がクリクリとしており胴長で、短足の見た目をしているイタチは、パッと見ると可愛いですが、性格は凶暴です。ネズミや鳥類のヒナ、ザリガニなどの小さな生き物以外に、ニワトリやうさぎなどの自分よりも大きな生き物までも餌としてしまいます。他にも果実類なども食してしまうため、田畑も荒らしてしまうでしょう。基本的には雑食なのです。ですから、人家に住み着いていると室内にまで入ってきて、あらゆる食品を食べ散らかす、生ごみを荒らすなどの被害を受ける方も多くいます。捕獲をすることで環境を守れます。

その他にもイタチは沢山の被害をもたらしてしまいます。1つが騒音問題です。天井裏で走りまわるため、昼夜関係なく音に悩まさられてしまうでしょう。ドンドンドンと音がなると眠れなくなってしまいます。次に、悪臭問題です。イタチにとって住み心地の良い人家の天井裏は、トイレ代わりにもされています。糞や尿をあらゆる場所で行なうため、天井から嫌な臭いがするでしょう。排泄物が溜まると汚れが染み付いてしまい天井がシミとなってしまいます。他にもペットを怪我させる、断熱材を破るなどといった数多くのトラブルが起こります。
このような問題に遭遇しないためにも、捕獲が第一優先となるでしょう。

鳥獣保護法があるためイタチの捕獲は、申請許可を得ることが最初の段階です。審査や防除実施計画書といったあらゆる申請書類を提出しなければならないため、出来る限り捕獲は業者に依頼すべきなのです。業者なら申請などの手間が掛かることも全て行ってくれます。