イタチの捕獲で環境は改善する|糞害から身を守ろう

相談が優先

担当者

イタチは哺乳類の仲間に入っており、人間に大きな害を及ぼす生き物です。そのため、害獣とも言われています。人や動物などを襲って傷つける、田畑を荒らす害獣は熊やイノシシ、ネズミなども含まれています。都心部にも表れるようになっているため非常に怖いです。
イタチが人家に住み着いてしまうと排泄物や死骸などで悪臭を漂わせてしまいます。イタチにはノミやダニも寄生しており喘息や皮膚炎などの健康被害にも遭ってしまうでしょう。アレルギー持ちの方や小さな子供がいる家庭はとくに健康被害を受けやすいため捕獲を検討しなければなりません。

捕獲を試みて自分たちでゲージを設置する方もいますが、誤った方法でイタチ捕獲を行ってしまうと捕まえることが出来ません。人を警戒して余計に天井の奥へと行ってしまうことがあります。また、噛まれてしまうケースもあります。噛まれると菌が体内に入って危険な目に遭うため出来る限り、自力での捕獲は辞めた方が賢明です。業者なら防備をして作業を行ってくれますので安心して任せられます。また、捕獲が失敗に終わらないように様々な方法を駆使してくれます。捕獲方法は業者によって異なりますので、予め確認をしていた方が良いでしょう。ゲージや薬剤を利用した方法が主な種類となります。もし、アレルギーがある場合は、適した方法で捕獲作業をしてくれます。
心配なことは最初のうちに解決させましょう。予算面のことも相談をして低価格で収まるようにすると良いです。各業者、価格が異なりますので相談が重要です。